FC2ブログ

記事一覧

【SJ】キュヘ♪「眠り姫にキス②」

こんにちは、夏みかんです。



ぎゅったんからの月刊紫たまご🎵


俺もセルカ上手に撮りたい... ㅠ ㅠ


セルカ下手なのもかわいいけど❤もう髪は坊主にしなくていいのかな?かわいい~❤

確かにセルカの神は兄さんですね(笑)

ぎゅったんは自然体でいいよ~



ところで全然関係ないのですが、昨日息子の中学のサッカー部で3年生とのお別れ会だったのですが…。

あるゲームの罰ゲームがポッキーゲームで(笑)あ、私が考えたんではないですよww上の学年の保護者の方々です。腐女子疑惑ww

うちの子も先輩としてたのですが、まぁ自分の息子は置いといてww

勢いあまってキスしちゃうカップル(?)とかもいて(笑)なかなかイケメンの子も多いのでめちゃめちゃ楽しんでしまいました❤

スジュにもまたしてもらいたいですね~❤できればウネちゃんでお願いしたいです❤







2話目です!失恋のトラウマで不眠症のドンへちゃんは…。


キュヘ
「眠り姫にキス②」




ドンへ「はぁ…っ…、も…無理…っ…!」
何度達したのか…。わからないけど、はっきりしてるのは…この男との体の相性が信じられないくらいいいってこと。
キュヒョン「まだ…イケるでしょ。ここは抜かないでって言ってるよ?」
ドンへ:奥をグリグリと抉られると、また快感の波が押し寄せてくる…。
「イク…!…イっちゃう…からぁ…!」
ビクンと体を仰け反らせ、俺は何度目かの絶頂に達し…そのまま意識を失った…。






ドンへ「ん…。」
外からは相変わらず雨の音。陽射しはないけれど、朝が来たようだ…。
一瞬、どこにいるのかわかなかったけれど、すぐに出張中のホテルだと思い出した。
でも…すぐに違和感に気づく。
誰かの腕が、腰に巻き付いて後ろから抱き締められているのだ…。
慌てて飛び起き、男の顔を確認する。
「あ-、そっか…。」
あのまま、隣の部屋の男と…。
切羽詰まってたとはいえ、出張先で何やってんだ俺…。
でも…久しぶりに朝までぐっすり眠れたかも…。
「まぁ、あれだけヤれば疲れるか…。」
キュヒョン「ん~、もう朝~?」
ドンへ「あ…あの…。昨夜は…その…。」
キュヒョン「いいよ、別に。俺もすげーよかったし♡で、少しは眠れた?」
ドンへ「あ、はい…。」
久しぶりにスッキリした目覚めだった。
キュヒョン「そりゃ、よかった。俺としてはできればもう1回したいけど、時間がないな…。もう8時だけど、そっちは平気なの?」
ドンへ「え…?えぇ!?8時!?ヤバい、遅刻だ!」
慌ててシャワーを浴び、身支度を整えた。
「俺、もう行くんで!」






キュヒョン「あ、名前教えてよ。」
ドンへ「え…。あの、ドンへ…です。」
そういえば、名前も知らないまま昨夜は…///
キュヒョン「ドンへね…。俺はキュヒョン。これ、俺の番号。」
ドンへ:差し出された紙には走り書きの電話番号。
「なんで…。」
キュヒョン「だって傘、返してくれるんだよね?約束だよ。」
ドンへ「はぁ…。」
とりあえず、俺はそのメモをコートのポケットにしまい、ホテルをあとにした。






ドンへ「ふぅ…。」
今日のソウルは雨…。
そして俺は相変わらず不眠症に悩まされていた。
眠りたいのに眠れないのは、魂が削られていくようにじわじわと精神力と体力を奪われる。
医者に行くべきか悩み初めていた…。行くとしたら…精神科だろうか…。
最後にぐっすり寝たのはいつだったか。そう…3ヶ月前のあの出張の日だ…。
もう3ヶ月も経ったのか…。そういえば…あの男に傘を返す約束を強引に取りつけられたのだったけど…。
「メモ…どっか行っちゃった…。」
忙しくてすっかり忘れていた。コートはクリーニングに出しちゃったし…。確か、傘はデスクの一番下の引き出しに入れたはず。
俺は引き出しの中から3ヶ月ぶりにその傘を手に取った。
あの男…。キュヒョン…だっけ…。
出張先での一晩の過ち…。もう、会わないほうがいい…。
だけど…キュヒョンにめちゃくちゃに抱かれて眠ったあの夜はぐっすり眠れたんだ…。
かと言って、誰でもいいわけじゃないし…。男同士の出会いの場は掲示板とか、ハッテン場とか聞いたことあるけど…なんか怖い…。
「あ…。この傘…。すげー高いヤツじゃん。」
初めてじっくり見てみると、有名ブランドのロゴが入っていた。
「いや、偽物だろ…。あいつがこんな高い物、持ってるわけないよな。」
年は同じくらいだろうか…。品はよかった…。行為自体は激しかったけど、その腕はやさしかった。
イェソン「おい、ドンへ。何、ぼんやりしてんだよ。今日、新しい専務が挨拶に来るらしいぞ。まったく、御曹司だか何だか知らねーけど、いきなり専務とかやってられねーよな。」
ドンへ「あぁ…。噂の。ま、次期社長だろうし、逆らわないほうがいいですよ、先輩。」
俺の勤める会社はわりと国内では大手のアパレルメーカー。社長の息子は海外の大学に留学し、その後大学院まで進んだらしい。その息子が少し前に帰国したそうで、入社後のポストはいきなりの専務。どんな優秀なお坊ちゃまだか知らないが、現場の俺たちとはどうせ言葉も交わさないだろう。
御曹司なんて大嫌いだ。
彼も…そうだった…。結局、自分の立場を最優先するんだ…。
残酷に、俺を愛してると言いながら…。





続きます!


ドンへちゃんの元カレは…おわかりですね!



【ヒロリンさんへ】
ありがとうございまーす❗キュンキュンできましたか?うれしいです❗生クリーム、結構思い切りました(笑)今回のキュヘも楽しんでください🎵


【かおるさんへ】
返信ありがとうございました🎵お仕事の疲れ、癒されますか?私はその言葉に癒されます❤今後とも応援よろしくお願いします❤



画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア