FC2ブログ

記事一覧

【SJ】ウネ♪「泣かないでBABY②」

こんにちは、夏みかんです。




ヒョクちゃんのラスの写真があがってきましたね~♪来週放送!!楽しみ~!!


ひゃ~♡かっこいいよ~!!





ヒョクちゃんの横はゲストのソ・ミンジョンさん、そのとなりがチョン・ジュナさん、右から3番目の女優さんがパク・ヘミさんです。

この方たちはドラマ『思いっきりハイキック』に出演した俳優さんです。

実はちょうど今、このドラマを視聴中なんですよ。すごい偶然ですよね?

ハイキックシリーズは2と、3は観たことがあってすごくおもしろくて大好きなんですが、シリーズ1作目の『思いっきりハイキック』もおもしろいです♪小4の娘も爆笑してます!オススメ♡あ、でも160話くらいあります(笑)

ヒョクちゃんと、どんなことしゃべったのかな~♪ラスはMCのオジサマたちがおもろしろいので大丈夫だと思いますけど、きっとヒョクちゃん緊張しましたよね~。早く観たいなぁ♡






今日はウネちゃんの2話目です♪赤ちゃんを預かることになったふたりです♡

赤ちゃんのソジュンは生後8ヵ月の設定です。なぜ8ヵ月かというと、一応理由があります。

実は下の子が8ヵ月の時に上の子が入院することになって、私も病院に泊まり込みしなきゃいけなくて。下の子を実家に預けたのですが、まったく泣きもせず遊んでたみたいなんです。その時母に『今より小さくてもお世話が大変だし、大きくてもママがいないと泣いて大変だし、8ヵ月でよかった』と言われたんです。だから育児初心者でも2人いれば3日くらいは大丈夫なんじゃないかという個人的な計算ですww
 


<ウネ>

「泣かないでBABY②」




ヒョク「えっと…起きたらミルクをあげて、それからオムツ替えって言ってたよな?あとはお風呂…?」
ペラペラと育児書をめくりながらミルクの缶を確認するけど…。
「え?『人肌に冷ます』…?ドンへ、人肌ってどんくらい?」
ドンへ「うーん…。ヒョク、平熱何度?」
ヒョク「え…///」
突然ドンへの顔が至近距離に…!おでことおでこをくっつけて、難しい顔をするドンへ…。ちょっと動いたらキスできちゃいそうな距離。
「ば、バカ…。それは熱測るときのやり方だろっ。」
ドンへ「あはは!そっか~!人肌って要するに、温ければいいんじゃん?ほら、俺の肌、温いでしょ?」
ヒョク:今度は俺の手を取って自分のほっぺたを触らせる。そのあたたかさと、柔らかさにドキッとする。ドンへの大きな目が、俺をじっと見つめてる…。
「ドンへ…。」
やっぱり好きだ…。ドンへは、俺のこと…ただの友達だと思ってるんだろうけど…。
ソジュン「ふ…ふぇ…っ…ふぎゃぁぁぁ…!
ヒョクいきなりの大音量に、体がビクッとしてしまった。
「お、起きた!?」






ドンへ「えっと、とりあえず俺が抱っこしてるから、ヒョクはミルク作って!」
ヒョク「お、おう!」
缶に書いてある通りにミルクとお湯を入れ溶かす。
「これ、どうやって冷やすの!?氷?」
ドンへ「冷蔵庫入れんじゃない?冷凍庫かな?」
ヒョク「それじゃ、時間かかるだろ。えっと…。」
熱いミルクを片手に育児書をめくる。その間もソジュンはぎゃあぎゃあ泣きわめき、気も焦ってくる。
「水で冷やすんだ。ちょっと待ってろよ、ソジュン!」
ドンへ「こんなに小さいのになんでこんな声大っきいの~!?とりあえず、俺のおっぱい吸わせとく?静かになるかも!」
ヒョク:真剣な顔で自分のTシャツを捲って胸を露わにするドンへ。
「は!?それはダメ!!今できるからっ!!」
ドンへおっぱいは俺のだから!!ソジュンにも吸わせられねー!!








ヒョク「はぁ…。疲れた…。次はオムツね…。えっと、『新しいオムツを下に敷いて、古いオムツを取る。全体を拭いて綺麗にする。』え…?アソコも?」
ドンへ「ソジュンが女の子じゃなくてよかった…。」
ヒョク「ウンチしたらどうすんだよ…。できる自信ないわ…。」





ドンへ「ねえ、そろそろお風呂入れたほうがよくない?でも、どうやって入れる…?」
ヒョク「姉ちゃんは大人と一緒に入って平気って言ってたよな?じゃあ、どっちかがソジュンと入るか。」
ドンへ「1人じゃ無理じゃない?めんどくさいから3人で入ろう!」
ヒョク「え…///俺とドンへ一緒に…?」
それはうれしいっていうか、恥ずかしいっていうか…ある一部分が危険っていうか…。
ドンへ「ヒョク、早く!」
ヒョク:目のやり場に困るっての…///狭い湯船にドンへと肩を並べて入ってるなんて…。もちろんドンへの腕の中にはソジュンがいるけど。
ドンへ「ソジュン、気持ちいいな~?全然人見知りしないし、かわいいなぁ。よく見るとやっぱりヒョクに似てるね。」
ヒョク「俺に似てイケメンだろ?」
ドンへ「うん♪」
ヒョク:素直に頷かれると逆に恥ずかしいっての…///それに、イケメンなのはドンへだし…。






ヒョク「ドンへはさ…彼女とか…作んないの?大学でもモテんじゃん…。」
ドンへ「俺は…ヒョクと遊んでるほうが楽しいから。俺に彼女できたらヒョクさみしいでしょ?」
ヒョク「べ、別にっ…。」
ドンへ「俺は…ヒョクに彼女ができたらさみしいけど。俺より彼女を優先するとか…嫌だもん…。」
ヒョク:それって、どういう意味…?ただ単に、遊ぶ相手がいなくなるから?それとも…。
「そんなこと、しねーし!俺はドンへが…。」
ドンへが…好きだから…。その言葉を、無意識に呑み込んだ。
ドンへ「ヒョク…?」
ヒョク「…ソジュンがのぼせちゃう。出よう。」
臆病者の俺…。ドンへを失いたくない。友達のままなら、このまま一緒にいられる。告白なんかして、困らせたくない。






ドンへ「あぁ…やっと寝たぁ…。疲れた~!!子育てって大変!!」
ヒョク:俺たちは床に倒れ込んだ。とにかくクタクタだ…。
「明明後日まで俺たち大丈夫かな…。」
これを姉ちゃんは1人で毎日やってるんだ…。ソジュンの父親は誰だろう?ソジュンの存在を知ってて結婚しないのだろうか…。自分の子供がかわいくないんだろうか。
「ドンへは…子供が好きだよな。自分の子供も…欲しいよな…。」
ドンへ「できれば欲しいけど…。でもいろんな家族の形があるし、子供がいなくても幸せな家庭もあるよね。」
ヒョク「いろんな家族の形…。」
ドンへ「そういえば、さっき3人でお風呂に入ってる時さ、家族みたいだったよね~。パパとママと赤ちゃん!」
ヒョク「ぷっ、どっちがママだよ?」
ドンへ「へ?うーん、俺?おっぱい大っきいから!」
ヒョク:無意識に煽るなっての!人が我慢してんのに、そんなこと言われたら盛り上がった胸がいつもよりエロく見えるだろ…。
「…大きいか、見てやるよ。」
床に寝転がったままのドンへのTシャツを一気に首まで捲った。プルンとしたピンクの乳首と、鍛えられた胸筋がアンバランスで興奮する…。
ドンへ「ヒョク…?」






続きます!


ドンへちゃんの胸筋すごいですよね?腕もすごいけど!

でもドンへちゃん、もう運動しない宣言してくれましたね!エゴサーチしたって(笑)髪もおろしてほしいのようやくわかってくれたのねwwあとサングラスもいらないからね?

毎回ヒニムにイジられるドンへちゃんの筋肉ww

ヒニムIG
『ウリドンへ、もう筋肉つけるのやめてって思う人、手あげてください🙋🙋 イドンヘの将来の夢=ターボキムジョングク』



腕、すごっっ!!ちゃんと『もう運動しない』って返すドンへちゃん(笑)決意は固いのか!?



前回書き忘れましたが、ヒョクちゃんの本当のお姉さんのソラさんは結婚もしてないし子供もいませんので。フィクションとしてご了承くださいね。





【rさんへ】
ドンへちゃんのお子ちゃまへの構い方、ホントかわいいですよね!お子ちゃまよりお子ちゃまwwもう存在自体がかわいい♡
SMT楽しみですね!確実に号泣すると思います(笑)




画像お借りしました。

みなさんの応援がすごく励みになります!ぜひポチッとしていただけるとうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)
U (2)

フリーエリア

フリーエリア