FC2ブログ

記事一覧

【SJ】ウォンキュ♪「ヴァンパイアの花嫁⑪」

こんにちは、夏みかんです。



おうちでSUPER JUNIOR✨

K.R.Y.に続き第2弾はD&E😊そして第3弾はスパショ7❗️

スパショは8に行ったり、8のDVDもたまに観たりしてるのでそれほど7も懐かしくはないのですが、久々にStyleツアーを観てめちゃめちゃウネコンに行きたくなりました…。

スパショも最高ですけど、また違うウネコンの空気感もいいんですよね~❤️



   
早くウネちゃんやお兄さんたちに会いたいです❗️






 
シウォンさんのピンチにギュったんの選択は…。


ウォンキュ
「ヴァンパイアの花嫁⑪」






キュヒョン:手首に痛みが走り、すぐに赤い血が溢れ出した。
「シウォン!飲んで…!」
これで助かるかはわからない。だけど何もせずにただシウォンが弱っていくのを傍観するなんてできない…!
イトゥク「キュヒョン!何してんだ…!おまえまで…。早く、救急車…!」
キュヒョン「ダメ…!救急車なんて呼ばなくていい…!シウォンが死にそうなのに俺だけ助かるなんて…。」
イトゥク「キュヒョン…。」
キュヒョン:シウォンの唇に手首を触れさせた。直接飲まなくても吸収はできると言っていたけど、飲んだほうが効率的なはず…。
「シウォン…。お願い…。飲んで…!」
閉じていた赤く光る瞳が開き、俺を力なく見つめた。
シウォン「キュヒョン…さ…。ダメだ…。」
キュヒョン「シウォン!早く俺の血を…。全部あげる…全部あげるから…。」
シウォンが助かるなら…俺はどうなってもいい。
シウォン「キュヒョンさん…。」
キュヒョン「愛してる…。愛してんだよ…。おまえなしで生きたくない…。」
出会った時は小さな子供だったシウォン。
成長するにつれ、俺をドキドキさせて…。こんなに好きになるなんて…。
ずっと…一緒に笑っていられると、さっきまで疑いもしなかった。
こんなの嫌だ…。
シウォン「キュヒョンさん…。俺も…愛してる…。あなたが俺のすべてだ…。だから…。ごめん。約束破るけど…許して…。」
キュヒョン「え…?」
約束って…。





キュヒョン:俺の薬指にシウォンの牙が突き立てられた。痛みはない。
だけど…。
急に頭の中がかき回されるような錯覚と、目眩に襲われる…。
何だ、これ…?
血を吸われてこんな症状が出たことはない。
それに、とてつもなく眠くなって…。
シウォンの言ってた約束って何だろう…?
約束を、破る…?
まさか…あの約束…?
『俺の記憶は消さないでね?何があっても…。』
『やだな。消すわけないじゃない。』
幸せな何でもない一日の、ふとした会話。
だとしたら、このまま俺はシウォンの記憶を…?
「シウォン…!?嫌だ…消さないで…。忘れたくない…。」
シウォン「キュヒョンさんを巻き込んで…ごめん…。俺の記憶がなければ…今まで通り幸せに過ごせるよね…。俺がいなくても…悲しまないでほしいから…。」
キュヒョン「嫌…。シウォン…。」
体から力が抜け、シウォンの体の上に倒れ込んだ俺は温かいその体と、微かに聞こえる心臓の音を最後に…意識を手放した…。
俺に忘れられるのが死ぬよりつらいと言ったくせに…。
俺のために忘れられる選択をしたシウォン。
残酷なくらい優しくて…愛しい俺のヴァンパイア…。俺だけの…。
シウォン「幸せに…。」







キュヒョン「いらっしゃいませー。」
バーの扉から入ってきたイトゥクさん。
「久しぶりだね。忙しかったの?」
イトゥク「うん…。まあね。キュヒョンは…変わりない?」
キュヒョン「変わりなんてあるわけないじゃない。」
イトゥク「傷はもう…痛まない?」
キュヒョン:長袖シャツに隠れた左の手首に触れた。包帯の下の傷はほぼ塞がっていて、痛みもない。
だけど…。
「この傷がなんなのか…どうしても思い出せないんだけど。俺…自殺するほど何かに悩んでたの…?」
病院のベッドで目覚めるまでのここ数ヶ月の記憶に欠落があることは気づいていた。
イトゥク「違うって!自殺じゃない!あれは、事故のようなものだ…。もう、そのことは忘れたほうがいい。」
キュヒョン「でも…この傷を見るたびに、涙が出るんだよ…。何が悲しいのか、何がつらいのかもわからないのに…すごくさみしくなるんだ…。」
イトゥク「キュヒョン…。」
キュヒョン「ごめん…。イトゥクさんのせいじゃないのに…。なるべく忘れるように努力してみるよ。それよりイトゥクさん、痩せたんじゃない?お酒ばっかりじゃ体に悪いよ。」
イトゥク「うん…。わかってる。軽いカクテルでも作ってくれるか?」
キュヒョン「まかせて。」
イトゥク「記憶があるのに会えないのもつらいけど…。記憶すらないよりはマシだよな…。きっと…。」
キュヒョン「え?何て言ったの?」
イトゥク「何でもないよ…。」


 


-1年後-
キュヒョン:いつも通りバーを閉め、階段を上がる。
ここを登るたびに、後ろを振り返ってしまう。後ろに誰かがいる気がして…。
もちろんそこには誰もいない。
手首の傷痕は残ってしまったけれど、今ではもう痛みさえもなかった。
それでも何故か薬指に痛みが走ることがあった…。傷もないのに…。
住居スペースのドアの鍵を開け、部屋を見渡す。
記憶はないけれどカーテンはなぜか光を通さないものに変えられていて、この1年間そのままにしてあった。
「う…っ…はぁ…。」
この1年、ふいにやってくる発作みたいなもの。急にとてつもなく悲しくなって涙が止まらなくなる…。
つらくて、つらくて…でも理由がわからないから病院で処方された安定剤を大量に飲んだ。
この気持ちは何なの…?
俺…頭がおかしくなったのかな…?それとも…。
その時…ドアの外に気配を感じた。
何の気配なのかもわからないけど、胸騒ぎがして慌ててドアを開けて外に出た。
そこには闇にまぎれる小さな影。
子供だ…。
でも俺は知ってる…。この子を…。名前は…。
「シ…ウォン…?」
シウォン「キュヒョンさん…。待たせてごめん。回復に時間がかかって…。しかも体も元に戻っちゃった…。」
キュヒョン「シウォン…!!」
駆け寄って膝をつき、その小さな体を抱きしめた…。
記憶が次々と蘇る。
俺とシウォンの愛し合った日々。
忘れたくないと願ったすべてを…。
涙は溢れて、シウォンの肩口を濡らしていく。
「よかった…。生きててくれた…。」
何もかもどうでもいい。シウォンが無事でいてくれたなら…。
シウォン「キュヒョンさん…。ただいま…。」
キュヒョン「シウォン…!おかえり…。おかえり…。」
小さな手が俺の背中を抱きしめた…。




次回は最終回及び限定公開です😊


念願のヴァンパイアものを書けてとても楽しかったです❤️ウォンキュに少しでも萌えていただけたらうれしいです❤️


次回は限定公開ですので、見られない方のためにその次のお話を予告しておきますね。

次からはヘウンのお話になります✨お楽しみに✨



【Rikoさんへ】
やっぱり人とヴァンパイアの恋なので障害はつきものですね💦でも自分より相手のことを想う2人は種族とか関係ないですよね😊イェトゥクもかなり珍しいカップルかなと思うので結構気に入ってます✨いつもよりクール増しで兄さんも書いてみました❤️
ブタさんのオメガバース、すごかったですよね(笑)ブタの生態に詳しくなりますね~ww斬新な発想が素晴らしいなと思いました❤️ブタを見たら思い出しそうで怖いです💦ドリル…💦



【akiさんへ】
つらい展開のまま引き伸ばすと皆さんもつらいかなと思い、早めにシウォンさんを帰してみました✨でもまた小さくなってますけどww
攻めが身体的に成長する設定がとてつもなく好きなんです❤️「甥っ子がオオカミ」みたいにちゃんと成長するのも大好物ですが、今回はヴァンパイアなので成長も早いでしょってことで超スピード成長させてみました😊完全に夏みかんの趣味です💦


【梅さんへ】
お返事ありがとうございました😊ますます沼にハマってしまいましたね✨もう抜けられませんww今はなかなか先も見えませんが、夏みかんのブログで妄想を膨らませてください❤️今後ともよろしくお願い致します✨


【こまめさんへ】
お返事ありがとうございました✨読み直してくださったんですか⁉️それはお疲れ様でした💦「夏の海で抱きしめて」は去年の投票企画でも3位をいただきまして、夏みかんも思い入れがある作品です。気に入ってくださりうれしいです😊ちょうどウネちゃんが「SUNRISE」をリリースした時でしたので、あの曲のイメージで書いたお話です✨






申請中の皆さん、お待たせ致しております💦少しお返事を進めました😊


現在は4/13までに申請された方にはメールをお送りしました。ご確認お願いします。

申請中の方は毎回の更新の中で進捗状況をお知らせしますのでご確認ください。


~これからパスワード申請をされる方へ~


必ず「限定公開のパスワードについて」のページをお読みいただき、そのページのコメント欄にて申請コメントを投稿してください。他のページのコメント欄からの申請は受け付けません。

詳しくはこちらのページをご覧ください。(申請もこちらのページからどうぞ。)
↓↓↓↓↓
「限定公開のパスワードについて」はこちらからどうぞ。





画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村




Amazon: 【当店追加特典:フォトカード】【SUPER JUNIOR】ワールドツアー写真集『SUPER SHOW 8 : INFINITE TIME』





関連記事
スポンサーサイト



コメント

涙が…

ドンヘペンですが、シウォン様とギュギュの絡みが大好きな自分…
今回のお話…むちゃくちゃ泣きました…
「忘れさせないで!!!」て、涙がぶわ~っと、出ちゃいました。
和みつつもニヤニヤ…そして切なくなったり泣いたり…
吸血鬼のシウォン様を想像しながらも…今回は涙がとまりませんでした…
夏みかんさま、ほんとにほんとにありがとうございます。

最終回楽しみです‼️

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)

フリーエリア

フリーエリア