FC2ブログ

記事一覧

【SJ】シヘ♪「恋に落ちた王子様~君はPolaris④」

こんにちは、夏みかんです。


「SUPER SHOW 8」、続々と開催地が決定✨





SUPER JUNIOR WORLD TOUR-SUPER SHOW 8:INFINITE TIME in AMERICA 2020

LA
NYC
Toronto
Mexico City
Guayaquil
Bogota
Sao Paulo
Buenos Aires





さらにこっちではヨーロッパも💦

SUPER JUNIOR WORLD TOUR-SUPER SHOW 8:INFINITE TIME in AMERICA&EUROPE 2020

AMERICA
Lima
Santiago

EUROPE
Paris


今のところヨーロッパはパリだけ?でもせっかくだからいろいろ回るのかな💦

来年、これだけスパショのスケジュールがあったらウネコン厳しいかな~😞

夏みかんは前も書きましたが大阪・福岡には行きませんので、しばらくお兄さんたちには会えなそうでヘコむ…。今までなんだかんだで常に先のスケジュールがあったので、それを目標にがんばってたんですよね。もちろんご家庭や、お住いの地域の関係で参戦したくてもできない方もいらっしゃるし、夏みかんの今までの状況が幸せだったのですけど。はい。無駄にヘコんでないでがんばりましょう✨

しかし南米とかまた一気に回るのかな💦あれ移動距離、半端なくて大変ですよね~。






4話目です。


シヘ
「恋に落ちた王子様~君はPolaris④」




ドンヘ「どういうつもりですか?わざわざ俺に連絡してくるなんて…。」
カフェで向かいの席に座る男…キム・ヒチョルをじっと見据えた。
ヒチョル「そんなに怪しまないでよ。傷つくなぁ。」
ドンヘ「でも…俺の会社だと知ってて依頼してますよね?」
ヒチョル「まあね。でもマジであんたタイプなんだけど。俺にしときなよ。王子ではないけど、社長だから金もあるし、顔も負けてないでしょ。」
ドンヘ「そういう問題じゃないですよ。だいたい、どうしてシウォンが王子だと知ってるんです?めちゃめちゃ怪しいんですけど。」
ヒチョル「知りたい?じゃあ、今日一日、俺に付き合ってよ。」
ドンヘ「付き合うって…まさか、変なコトするつもりじゃ…。」
ヒチョル「あはは!してほしいならするけど。無理矢理したりしないよ。こう見えても優しいよ、俺。ほら、行こ。」





ドンヘ「付き合うってここですか…?」
ヒチョル「そう!ずっと来てみたかったんだけど男1人じゃ入りづらくて。」
ドンヘ:膝の上の猫と目が合う…。
足元にも、隣のソファーにも猫だらけ。
「猫カフェって…。」
ヒチョル「猫、嫌い?」
ドンヘ「いえ、好きですけど。」
ヒチョル「だよなー。かわいいよな。ほら、こいつなんて、めちゃめちゃ目つき悪くてかわいいだろ?」
ドンヘ「ふふっ。ヒチョルさんに似てますね。」
ヒチョル「なんだと~?」
ドンヘ:猫と戯れるヒチョルはただの青年に見えた。
まだ素性も目的もわからないけど…。
「あっ、この子、シウォンに似てる!顔はキリッとしてるのに甘えんぼだし。」
俺の手に顔を擦りつけてくる猫を胸に抱くと、いきなりシャツの胸元に頭を突っ込んできた。
「ひゃはは!くすぐったいっ!や…待って…あ…奥まで来ちゃダメ…!」
ヒチョル「何やってんの。」
ドンヘ:ヒチョルが猫を抱き上げてくれた。
「ありがとう…。」
ヒチョル「かわいい顔して、なかなかエロい声出すじゃん。俺としてみない?楽しませてあげる。」
ドンヘ「か、からかわないでください…。」
シウォンとは全然似てないヒチョルだけど、裏表のないストレートなところと、俺を見つめる目は少しだけ似ているかもしれない。
だからなのか、俺はこの謎の男が嫌いではない…。





ドンヘ:猫カフェの後も買い物や食事に連れ回され、だんだん日も暮れかけてきた。
シウォンと食事しようと言っていたけど、行けないな…。
だいたい、ヒチョルの目的もまだ聞いていない。まだ帰るわけには行かない。
『ごめん。仕事がまだ終わらないから食事は行けそうもない。』
ヒチョルが買い物の会計をしている間にシウォンにメッセージを送った。
ヒチョルと一緒なのは後で直接話したほうがいいだろう…。誤解されたり、無駄に心配させたくない。
ヒチョル「おまたせ。じゃあ、最後は…。」
ドンヘ「まだどこか行くんですか?ヒチョルさん、そろそろ教えてくれてもいいでしょう?あなたの目的を…。」
ヒチョル「ちゃんと話すよ。もう少し付き合ってくれたらね。」
ドンヘ:タクシーで連れて行かれた郊外のある場所には、予想外の光景が広がっていた。
「え?ヘリコプター…?え?まさか、乗るの?」
ヒチョル「うん。夜景、綺麗だから。行こう。」
ドンヘ:まるで遊園地の観覧車に乗るみたいな軽い口調で俺の手を取ると、ヘリコプターに乗せられた。
「俺、乗るの初めてなんだけど。大丈夫?落ちない?」
ヒチョル「平気、平気。怖いなら俺が手を繋いでてあげる。」
ドンヘ:正直、手を繋いでもいいのか迷ったけど…本気で怖かったからそのままにしてしまった。






ドンヘ:プロペラのすごい音と共にふわりと宙に浮いた後は、思ったより怖くはなかった。
それよりも、ソウルの夜景が綺麗で目を奪われた…。
「シウォンに見せたら喜びそう…。」
シウォンはお母さんの故郷である韓国を愛しているから…。
その時、急にガクッと機体が揺れた。
「うわ!」
機体が傾いたせいでヒチョルに抱きつくような格好になってしまい…。
〈カシャッ〉
「え?」
シャッター音のした方を見ると、ヒチョルが自分の携帯をこちらに向けていた。
「な、何撮ってんの!?これは揺れたから仕方なく…。」
慌てて離れようとする俺を、かなり強い力で抱き寄せるヒチョル…。
「やめて…!」
ヒチョル「ドンヘ…。俺はね、シウォンの兄貴だよ。何でも持ってる弟と、何も持ってない兄…。笑えるだろ?だから、ドンヘくらい俺のとこに来てよ…。」
ドンヘ:しばらくその言葉の意味が理解できなくて、抱き締められたまま固まっていた。
「どういうこと…?」




続きます!

ヒニムはワンちゃんも飼ってますけど、夏みかんの中ではヒボムのイメージが強いです。なので猫❗️

あと猫カフェに行きたい夏みかんの願望を投影しました(笑)癒されたい…。

ヘリで夜景とかセレブっぽくしてみました❤️



【マッキーさんへ】
続編を書こうと決めたものの、シヘはラブラブなので何も起きそうもなかったのでヒニムを投入しました(笑)もともとレラヒョクとかレラへも大好きなので今回もデート(?)シーンは楽しく書かせてもらいました😊
トゥギの色気がすごすぎてドキドキしちゃいますね❤️夏くらいから急にすごいことになってますよね?ふざける時とのギャップもすごいのでさすが、リーダー✨最高です❗️


【恵さんへ】
お返事ありがとうございました😊無事受け取れてよかったです。今後ともどうぞ応援よろしくお願い致します❤️BLのほうもお好きなのですね❗️そちらの方でもポチッとしていただけると嬉しいです❤️


【アイさんへ】
お返事ありがとうございました✨ウネもヘウンもお好きなのですね❤️どちらでもかわいいのがウネちゃんのすごいところですね😊ぜひほかのカップルも楽しんでください❤️


【はるかさんへ】(11/14にパスワード申請中)
アドレスが間違っているようです。そして、確認が遅くなり申し訳ないのですが、申請コメントの内容が足りません。パスワード申請についてのページをもう一度お読みになり、再度申請をお願いしたいです。(③、④の内容が足りません。)アドレスもご確認の上、よろしくお願いします。


【JHONさんへ】(パスワード申請中)
申請ありがとうございます。しかしながら、申し訳ありませんがコメントにブログの感想がありません。もう一度パスワード申請の方法のページをご確認の上、あらためて申請をお願いします。








11/24までにパスワード申請していただいた方にはメールをお送りしてます。ご確認ください。


~これからパスワード申請をされる方へ~


必ず「限定公開のパスワードについて」のページをお読みいただき、そのページのコメント欄にて申請コメントを投稿してください。他のページのコメント欄からの申請は受け付けません。

詳しくはこちらのページをご覧ください。(申請もこちらのページからどうぞ。)
↓↓↓↓↓
「限定公開のパスワードについて」はこちらからどうぞ。





画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア