FC2ブログ

記事一覧

【SJ】ウネ♪「願いごと、ひとつ⑪」

こんにちは、夏みかんです。



ドンヘくんIG


インスタ開いた瞬間、うひゃーってなった❤️

暑いから裏ではみんなこんななの!?スタッ腐になりたい…❗️

コメントも2人ともかわいくて萌え❤️あ、ちゃんと翻訳できないので他の方のところでご確認ください(笑)

夏みかんは韓国語で1番好きなのが「ヒョン」って言葉なんです。本当の兄弟のお兄さんにも、年上のお兄さんにも使うってところが韓国っぽい考え方ですよね。日本では考えられないですよね?

で、さらに好きなのがその「ヒョン」をヒョン自身が使うシチュエーション❤️年下メンバーに「ヒョンが~だから」とか、響きが優しくないですか?トゥギやヒニムがたまに使うのがすごい萌えるんです~❤️今回、SMTOWNからトゥギ熱がすごい夏みかんなので、さらに興奮しました✨

狭い萌えポイントですみません(笑)わかるーって方、ぜひコメントくださいww






多忙のため、パスワード申請のお返事が滞っております。お待たせして申し訳ありませんが、お待ちいただければと思います。今のところ7/29までの方には対応済みです。新たに申請も受け付けてますが、順番に対応致しますのでお時間はかかります…が、ご遠慮なくどうぞ。


11話です✨とうとう…?


ウネ
「願いごと、ひとつ⑪」




ドンヘ「ヒョク…ままま、待って!」
ソファーの端まで追い詰められた俺は迫ってくるヒョクの胸を手のひらで押し留めた。
ヒョク「なんだよー。まさかまたリョウクを指名する気じゃないだろうな。」
ドンヘ「そういうわけじゃないけど…。」
ヒョク「じゃあ、何?」
ドンヘ「俺…まだ、ちゃんと言ってなかったから…。」
ヒョク「何を…?」
ドンヘ「ヒョクが…スキだって…。その…あらためて、俺と…つきあってほし……んんっ!?」
言い終わる前にヒョクの唇で言葉はかき消された…。
口内にヒョクの熱い舌が侵入して、俺の舌と絡まる…。
叔母さんや他のお客さんの目が気になったのは最初だけで、すぐにヒョクしか見えなくなった。
気持ちいい…。
ヒョクの胸を押していた手からは力が抜けて、逆に今度は引き寄せるようにシャツを掴んだ…。
もっと、欲しい。奥まで…。
自ら求めるように舌を動かせば、ヒョクの舌に絡め取られ、全身がゾクゾクするくらいの快感を与えられる…。
「は…ぁ…。」
好きだ…。ヒョクが好き…。
こんなに人を好きになる感情を、ヒョクと出会う前は知らなかった。
全部…ヒョクがくれた。
愛することも、愛されることも…。
ヒョク「ドンヘ…?おい!ドンヘ!」
ドンヘ:ヒョクの声が遠くに聞こえる…。どうして…?






ドンヘ「ん…。」
目を開けると、心配そうに俺を覗き込むヒョクの顔。
「ヒョク…。」
ヒョク「大丈夫か!?」
ドンヘ「俺…また倒れてた?」
ヒョク「1分くらいだけど。ごめん、止まんなくてやり過ぎた…。」
叔母「ドンヘくん、大丈夫?でもすっごいよかったわよ♡かわいかったぁ♡ね、ヒョク?」
ヒョク「かわいいに決まってるじゃん。俺のだし?」
叔母「はいはい。ご馳走さま。」
ドンヘ「あー、もう…。慣れたと思ったのに…。カッコ悪い…。」
ヒョク「気持ちよかったってことだよな♡」
ドンヘ「うん…それは、すごく…///」
叔母「でもドンヘくん、指名増えそうね~。今のキス、他のお客さんも見てたけどみんなかわいいって言ってたわよ~。」
ドンヘ「え!?そ、そうなんですか!?は、恥ずかしい…///」






ドンヘ:終業の後、控え室でもあるロッカーに戻った。
とりあえず、あの後はイェソンさんやキュヒョンのヘルプにつき、何事もなく接客した。
「つ、疲れた…。」
初日からぶっ倒れるなんて、前途多難だ…。
シャツを脱いだところで店長のイトゥクが入ってきた。
イトゥク「ドンヘ、お疲れ~。初日、どうだった?」
ドンヘ「イトゥクさん!いや、あの…俺、大丈夫でしょうか…?」
イトゥクさんもシャツを脱ぎながら、俺に笑いかけてくれる。
チラッと見えたその体は細いのにちゃんと筋肉もある。
イトゥクさんもホストだったら人気だろうけどな…。
イトゥク「大丈夫、大丈夫。あとは慣れだよ。今日ドンヘがついたテーブルのお客様にも好評だったよ。失敗しても一生懸命だから応援したくなるって。」
ドンヘ「本当ですか!?でも、確かにいっぱい失敗しちゃいました…。」
イトゥク「いいんじゃない?失敗しても許されるキャラって、なかなか狙ってできることじゃないよ。」
ドンヘ「イトゥクさん…。はい…!がんばります…!」
うれしくて思わず半裸のイトゥクさんに抱きついてしまった。
タイミング悪く、ドアを開けて入ってきたヒチョルさんが俺たちを睨む。
ヒチョル「おい…。お前たち、そんな格好で何してんだ?浮気か!?」
イトゥク「はは、そんなわけないでしょ。ヒチョル、疲れただろ?家でマッサージしてやるよ。」
ヒチョル「じゃ、エロいやつな。」
イトゥク「どんなマッサージだよ~。」







ヒョク「ドンヘ、帰ろ。って、何してんの?」
ドンヘ「何って、掃除だけど。」
ヒョク「もうボーイじゃないんだからやらなくていいんだよ。」
ドンヘ「でも、まだ売り上げに貢献できないし…。せめて掃除くらいはね。ヒョク、先に帰ってていいよ。」
店も店のスタッフも大好きだから…どんな形でも恩返ししたい…。
ヒョク「まったく、ドンヘらしいなぁ。よし!俺も手伝うから早く終わらせて帰ろ。」
ドンヘ「ヒョク…。ごめ…ううん、ありがとう!」
そういえば、さっきどさくさに紛れて告白しちゃったんだよな…///
ヒョク…何も言わないけど、バタバタしてたから忘れてるのかな…?
恥ずかしいからそれでもいいけど…。
ヒョク「ドンヘ!早く帰ってエッチするぞ!」
ドンヘ「え…えぇぇ!?な、何言ってんの!?」





続きます!

はい、次回は限定公開です~❤️お待たせしました✨


さらに告知❗️

オールキャスト設定がなかなかご好評のようですので、最終回の後に特別編として83、ウォンキュ、イェウクで1話ずつ限定公開でお送りします❗️もちろんエロあり❤️3話連続、限定公開なります❗️お楽しみに✨



【マッキーさんへ】
2話分のコメント、いつもありがとうございます😊全員で助けに来ちゃうスジュの絆✨リアルでも絶対何かあったら助けてくれますよね~❗️
そしてとうとうドンヘくんのホストデビュー✨でもウブなところは変わらずで❤️そして叔母さんの前でも関係なしに思わず本気になるヒョクちゃんでした(笑)


【rさんへ】
実際自分の甥っ子のキスシーンはたぶん直視できないですよねwwヒョクちゃんの叔母さんはかなりオープンだと思ってください…。
トゥギのハーフアップ❤️あれはヤバかった❗️他の2日間も見ましたが、やはり2日目の髪型が個人的に好みすぎて~❤️ドンヘくんはターミネーター狙ってんのかな(笑)そんなところもかわいいですねww


【ぶぅーさんへ】
ヘウン、今キテますよね~❤️ヘウンのお話は全然書きますけど、もうちょっと絞っていただけると書きやすいのですが…。どれか好きなお話はありますかね?


【とっくさんへ】
ホストのウネちゃん、楽しんでもらえてうれしいです✨最初はホストって女性相手に疑似恋愛するイメージなので皆さん微妙に思われるかなーと思ったのですが、思い切って男性向けホストクラブという設定やホスト同士のキスオプションなども考えてみました❤️イケメンがイチャイチャしてくれるなんて目の保養ですよね!?最後までお楽しみください~😊


【ayakiさんへ】
ホストクラブという設定で、オールキャストにしたのがよかったのですかね✨皆さんからも全員でドンヘくんを助けに行くシーンは好評でした❗️直前までヒョクちゃんだけで乗り込む予定でしたが…夏みかんは行き当たりばったりで書く派なので書いてるうちにコロコロ話が変わってしまいますww計画性がないのですね(笑)妄想、たくさんしてくださいね❤️


【春雷さんへ】
お返事ありがとうございました😊ようちえんウネちゃん、前に読んだのに覚えていてくださったんですね。子供の頃ってピュアなので、何も考えずに好きと言えちゃう、そんな真っ直ぐなウネちゃんを書いたシリーズです❤️







~これからパスワード申請をされる方へ~


必ず「限定公開のパスワードについて」のページをお読みいただき、そのページのコメント欄にて申請コメントを投稿してください。他のページのコメント欄からの申請は受け付けません。

「限定公開のパスワードについて」はこちらからどうぞ。




画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村











関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア