FC2ブログ

記事一覧

【SJ】キュヒョク♪「甥っ子がオオカミ⑫」

こんにちは、夏みかんです。



サウジアラビアでSS7S開催✨でも今日は忙しくてまだちゃんと動画とか見れてないんです~。落ち着いたらゆっくり…。今日の夜中にはウネちゃんとK.R.Y.の出演する『Jeddah season 2019』もありますね❤️久々のK.R.Y.楽しみ❤️

サウジアラビアへ向かう空港ではいつも通りのイチャイチャ全開でしたね❤️

ヘウク✨


ヒョクウク✨


こっそりイェウク✨


ウネちゃんに挟まれるシンドン✨


ウォンヒョクに挟まれるリョウクちゃん✨


そしてヒョクちゃんのお尻にタッチした方を…

⬇︎
バシバシ叩くドンヘくん(笑)「ヒョクのお尻は俺のだから❗️」って感じですかね✨


ヘウンですね❤️最近ヘウンが熱いですよね~❤️

移動するだけでこれだけ萌えさせてくれるスジュって偉大ww

そして夏みかん的に一番興奮したのはトゥギ❤️


どこの韓流スターかと思った(笑)いや間違いなく韓流スターなんですけどねwwかっこよすぎじゃないですか!?色気やばいですね❤️



ところで夏みかんは昨日は友達と新大久保に行ってきました✨忙しかったので久々でしたね~。

昨日の目的は前にも行ったジェジュンのお店「cafe de KAVE」のタピオカ(笑)タピオカってそこまで好きなわけじゃないんですけど、容器がかわいいので気になってたんですよね❤️あとここのは缶になってて持って帰れるので娘に頼まれましたww

で、こちらがタピオカ❤️


私が全部買ったわけではなく、友達2人と行ったので3人分と、それぞれおみやげ分ですww

ついでにパフェもシェアしました❤️朝イチだったので、さすがに1人1個は食べられません❗️タピオカはミルクティーも本格的で美味しかったですし、チーズストロベリーミルクもかなり美味しかったです❤️


タピオカとパフェを食べたのに、問題なくお昼はガッツリ食べましたけどねww昨日はイケメン通りの『炭火焼&韓膳 とんちゃん+』というお店で❤️お店が新しいので綺麗でオススメです✨ランチは980円で食べられます❤️イカ豚チーズ石焼ビビンバ、美味しかったです❗️もちろんビールも(笑)


新大久保、癒される✨気になった方はぜひ行ってみてください😊







12話目です✨


キュヒョク
「甥っ子がオオカミ⑫」



ヒョク「こら~!キュヒョン!!」
車を降りて、キュヒョンとキュヒョンに寄り添う女の子の背後から思い切り叫んだ。
キュヒョンと彼女はお似合いだけど、俺だってここで諦めるわけにはいかない。
ようやくキュヒョンが好きだって素直に思えたんだから…!
キュヒョン「え…。」
ヒョク:訝しげに後ろを振り返ったキュヒョンは、腕を組んで仁王立ちしている俺を見てあからさまに動揺した。
妻に浮気現場を押さえられた旦那みたいだ。
キュヒョン「な、な、なんでここに!?いや、これは、違うからね!?」
ヒョク「何が違うんだよ?」
思いっきりキュヒョンを睨んでやる。
女子大生「キュヒョンくん?知り合い?」
ヒョク:『キュヒョンくん』だぁ!?
俺のキュヒョンに馴れ馴れしく…。いや、そもそもキュヒョンが悪い!俺のことが好きだとか、愛してるとか言っておいて女の子とイチャイチャしやがって…。
「説明してもらおうか、キュヒョン、くん?」
キュヒョン「はい…。」





ヒョク「で、貧血気味の同じクラスの彼女を駅まで送っていく途中だったと?」
キュヒョン「そ、そう!な、そうだよね?」
女子大生「はい。たまたま図書館でキュヒョンくんに会って…。でも、すみません。キュヒョンくんの叔父様に送ってもらうなんて…。」
ヒョク「気にしないで。途中で倒れたら大変だしね。」
後部座席に女の子を乗せ、彼女の自宅へと向かっている。
助手席のキュヒョンには冷たい一瞥をくれてやった。
彼女とはただの友達らしいけど、あの光景はかなり衝撃だったから多少のイジワルをしないと気が済まない。
「ところで…キュヒョンって、大学ではどうかな。まじめにやってる?」
女子大生「はい。頭もすごくいいのに、努力もしてて。しかもおもしろいし、人気者ですよ。」
ヒョク「人気者ねぇ…。もしかして…モテたりしてる?」
女子大生「もちろんモテますよ。優しいし、カッコいいですもん。」
ヒョク「ふぅん…モテるんだ。大学って楽しそうだな、キュヒョン?」
キュヒョン「ヒョクチェくん…。顔が怖いってば…。」






ヒョク:女の子を自宅まで送り届け、キュヒョンと2人きりの車内。
気まずい空気が流れたまま、自宅に着いた。
店はすでに閉店させて施錠してあるので、裏口から中へ入る。
ドアが閉まった瞬間に、キュヒョンに背中から抱きしめられる。
キュヒョン「あの…ヒョクチェくん…。怒ってるの…?急に迎えに来てくれるなんてビックリしたよ。」
ヒョク「迎えに来ない方がよかったか?」
キュヒョン「そんなわけないでしょ。1秒でも早く会いたいのに…。来てくれて、ありがとう。」
ヒョク「俺…おまえが女の子と腕組んでるの見て…。正直、お似合いだと思ったんだ…。」
キュヒョン「は…?あの子とはそういう関係じゃないってば。」
ヒョク「そうかもしれないけど。お似合いで、仲良さそうで、すげームカついた!俺のキュヒョンなのに…って…。」
キュヒョン「ヒョクチェくん…!え?今…俺のって言った…?」
ヒョク:俺はキュヒョンに向き合い、その目を真っ直ぐ見つめた。
「俺は好きな相手は束縛するし、ヤキモチもすげー焼く。いつでも会ってたいし、浮気は絶対許さない。どうだ、めんどくさいだろ。年上のくせにって思うだろ。」
キュヒョン「いや、めんどくさくなんてないよ。むしろ、俺はそういうのもうれしいし…。」
ヒョク「それで…えっと、こんな俺でよければ…付き合ってほしい…。キュヒョンが…好きだ…。甥っ子としてじゃなく、男として…好きになったんだ…。」






キュヒョン「ちょ、ちょっと待って…。これ夢かな!?それともドッキリ!?今日ってエイプリルフールだっけ!?」
ヒョク「おまえな…。33歳が意を決して告白してるのに…。嫌なのかよ!?」
急にめちゃめちゃ恥ずかしくなってきた…!
キュヒョン「そんなわけないでしょ!俺がどれだけその言葉を夢に見たか…。17年間…ずっと好きだったんだよ…。ヒョクチェくん…ありがとう…。俺のこと好きになってくれて…。」
ヒョク:俺なんかの言葉に感動して泣き出す甥っ子をそっと抱きしめた。
こんなに愛してくれる人にはこの先もきっと出会えないだろう…。
「俺こそ…ありがとう…。」
出会った頃はかわいくて、小さくて…俺を癒してくれたキュヒョン。
今は俺を守ってくれて、どんな俺でも好きだと言ってくれる。
キュヒョンの想いに負けないくらい、俺もキュヒョンを愛したい…。
キュヒョンの唇が俺の額に触れ、髪や頰や瞼にも…。
「キュヒョン…好きだ…。」
幸せそうに微笑んだ甥っ子は、俺の唇を塞いだ…。
「ん…っ…、は…ぁ…♡」
舌を絡める濃厚なキス。
もっと、してほしい…。
キュヒョン「ヒョクチェくん…発情してるね。えっちな顔してる♡」
ヒョク「バカ…。そういうの、言うなって…///」




続きます!


若い女子大生にも嫉妬しちゃう叔父さん❤️ようやく覚悟を決めます✨

だいたいわかると思いますが、次回は限定公開です❗️

ヒョクちゃんからの逆・お仕置きえっちです❤️お楽しみに❤️



【rさんへ】
カンインの脱退は仕方ないとは言え、複雑ですよね。ファンなのに攻撃する、という行為や心理はあまり理解できないのですが…お国柄ですかね。日本でも「ようやく?」みたいな意見を目にすると正直心が痛いです…。メンバーも悲しむと思う。決心してくれたカンインをこれ以上攻撃しないでほしいし、そっと送り出したい気持ちです…。


【マッキーさんへ】
83のほうへのコメントもありがとうございました😊正反対の2人なのに出会った瞬間に恋に落ちるというのは運命的で素敵かなぁと思いました。トゥギはあれこれ考えちゃいそうなので、これくらい突飛な出会いじゃないと決断できなそうじゃないですか?
逆お仕置きを言い当てないでください(笑)流れ的にそうなりますよね?ようやく両想いの甥っ子と叔父さんのイチャイチャをお楽しみに❤️


【まみねさんへ】
お返事ありがとうございました😊いろいろ読んでくださってるんですね❗️ウネちゃん以外にもお気に入りのカップルを見つけていただけたらうれしいです❤️限定公開も背後注意でお楽しみください(笑)






~これからパスワード申請をされる方へ~


必ず「限定公開のパスワードについて」のページをお読みいただき、そのページのコメント欄にて申請コメントを投稿してください。他のページのコメント欄からの申請は受け付けません。

「限定公開のパスワードについて」はこちらからどうぞ。




画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア