FC2ブログ

記事一覧

【SJ】キュヒョク♪「甥っ子がオオカミ②」

こんにちは、夏みかんです。



本日はペンミ1日目ですね❗️夏みかんは明日参戦しますので今日はお留守番ですが、日本にメンバーがいるだけでなんだかソワソワします❤️

もうこれをアップする時間には1回目の公演は始まってますね~。自分が行く前にネタバレするのあんまり好きじゃないので、今日の皆さんの感想やレポは我慢して見ないようにしたいです(笑)


そして空港でのキュへに癒される…✨






つきあってて、しかもラブラブなカップルの距離ですよね?

かわいすぎて叫びました❤️







2話目です❗️元カレのシウォンさんに「やり直そう」と言われたヒョクちゃんですが…。


キュヒョク
「甥っ子がオオカミ②」




ヒョク「はぁ…。」
昨夜、いきなり元カレのシウォンから復縁を申し込まれた。何を考えているのやら…。もうとっくに友達に戻ったと思っていたのに…。
そしてそれをどうやら甥っ子のキュヒョンに聞かれたらしい…。
あの後、2人にオムライスを出したけど、重苦しい空気がつらかった。
シウォンは調子に乗って俺の手を握ってきたり、次の定休日にデートしようと言ってきたり…。
その度にキュヒョンの機嫌がどんどん悪くなってるみたいで…。
もちろんキュヒョンに何を言われたわけではないけど。
再会してから避けられてるみたいなのに、これ以上嫌われたくねーよ…。
俺にとってキュヒョンは、いつだってかわいい甥っ子なんだ。あいつが俺を嫌ったとしても、俺は何があっても、どんなキュヒョンだって愛してる。
それは変わらない。





ヒョク:憂鬱な気分のままベッドから起き上がり、階下のカフェへ降りた。
午前11時からの開店のために仕込みを始めなければならない。
キュヒョンはすでに大学へ行ったようだ。今夜は課題のグループ発表の打ち合わせがあるから遅くなるので夕飯はいらない、と言われている。
大学ではうまくやっているのだろうか…。グループということは友達がいるってことだよな?
女子もいるのかな…。
え?まさか、彼女とかいるのかな…。そんな話ができる雰囲気ではないので聞いたことはないけど…。
うちのキュヒョンは背も高いしイケメンだし、かわいいし、頭もいいからモテるはずだ!モテないはずがない!
彼女には笑ったり、優しくしたりすんのかな…。
羨まし…。
いや、羨ましいってなんだよ!?
別に彼女みたいに接しろなんて言わないから…昔みたいに笑ってほしい…。





リョウク「店長、今日おかしいですよ?ランチのメニューも2回も間違えたでしょ。」
ヒョク:怒涛のランチタイムの後、リョウクと一緒に賄いを食べてゆっくりコーヒーを飲むのが日課だ。
「あー、ごめん。ちょっと疲れてるみたい。」
リョウク「もしかして昨夜、シウォンさんが来ました?」
ヒョク「あ、うん。リョウクが帰った後に…なんで知ってんの?」
リョウク「駅ですれ違ったので…。シウォンさんと、店長って…その…そういう関係ですか?」
ヒョク「え?そういうって…?」
リョウク「ですから、付き合ってるとか、そういう…。」
ヒョク「いや!付き合ってないし!と、友達だから!」
嘘は言ってないよな…。
元カレだし、昨日ヨリを戻そうと言われたけど、とりあえず返事はしてないし…。
今の俺とシウォンは友達以外の何物でもない。
リョウク「あの…!じゃあ…僕…立候補してもいいですか!?」
ヒョク「立候補…?何かの選挙でもあんの?」
リョウク「違います。店長ってホント鈍いですよね…。ですから、店長の彼氏に立候補したいんですっ!」
ヒョク「ええ~!?リョウク…!?」
昨日はシウォンで、今日はリョウク!?
何これ、モテ期ってやつ!?
いや、シウォンとリョウクが示し合わせて俺にドッキリを仕掛けてるんじゃ…?まさか、そんなことはないだろうけど…。
「リョウク、本気なの…?」
リョウク「めちゃめちゃ本気です!す、好きです!ずっと好きでした!あぁ~言っちゃった…!は、恥ずかしい…!」
ヒョク:かわいいなぁ…。こっちまで照れてくるんだけど…。
「ありがとな…。そんな風に思ってくれてるなんて知らなかった…。と、とりあえず急すぎて混乱してるから…。考えさせてくれる…?」







ヒョク:閉店後、リョウクも帰り、片付けも終わった俺は2階へ上がった。
「疲れた…。」
シウォンといい、リョウクといい、一体急になんなんだよ…。
ただでさえ忙しいのに、 ややこしいことになってきた。
「とりあえず、シャワーして落ち着こう…。」
でも精神的に疲れていたせいか、シャワーを浴びた後、着替えを持ってくるのを忘れていたことに気づいた。
「今日はキュヒョンも遅いって言ってたから、ま、いっか…。」
素っ裸のままバスルームから廊下へ出ると…。
キュヒョン「は…?」
ヒョク「え…?」
階段を上がってきたらしいキュヒョンが目の前にいた…。
キュヒョン「なんてカッコしてんだよ…。」
ヒョク「あ、あはは…ごめん、着替え持ってくんの忘れて…。えっと、もっと遅くなると思ったのに、早かったな。」
あー、やっちまった…。ますます嫌われる…。
キュヒョン「勘弁してくれよ…。」
ヒョク「え…?」
怒ったように俺を壁に押し付けてきたキュヒョン。
キュヒョンの大きな手が俺の肩に触れている…。
熱い…。キュヒョンが触れたところから、熱が伝わってくる…。
「キュヒョン…?」
久しぶりのキュヒョンのアップに固まっていると、キュヒョンの唇がどんどん近づいてきて…。
キ、キス…されちゃう…!
やっぱり俺、モテ期なの…?




続きます!


シウォンさんに続き、リョウクちゃん、ギュったんにも…!?モテ期なヒョクちゃん❤️

夏みかんはヒョクペンですので、その辺はご了承ください(笑)


そして明日はリョウクちゃんのセンイルですよね~✨もちろんお話を書きました❗️まだ半分ですが…はい、がんばります。

明日は限定公開でドンへ×リョウクのへウクをお送りします❤️お楽しみに❤️

0時に通常公開でセンイルの記事を上げる予定です。そちらに限定公開のへウクをチラ見せ(?)の感じでちょこっと書きましたのでよかったらお越しください✨

限定公開はいつもの15時更新予定です❗️よろしくお願いします😊

こちらの「甥っ子がオオカミ」の第3話は6/23(日)更新予定です。

まとめると
6/21 0時 センイル記事(通常公開)
6/21 15時 へウク(限定公開)
6/23 15時 「甥っ子がオオカミ③」(通常公開)
となります。

できればペンミの感想も早めに上げたいと思います✨



【マッキーさんへ】
今回のタイトルは直球でいこうと、わかりやすくしてみました❤️というわけで甥っ子に襲われちゃうヒョクちゃんです❤️限定公開多めはかなり体力と時間を使うので、たまにしかできそうにありません…。その時は最初に宣言しますので、それ以外は通常更新ということで。もちろんエロがないわけではないのでご期待ください❤️
前回のコメントもありがとうございました❗️最終回、甘々で幸せオーラ満載にしてみましたよ✨結局ドンへくんを尻に敷くヒョクちゃんでしたね(笑)


【rさんへ】
おぉ❗️全公演参戦ですか~✨それは気合い入ってますね✨楽しんでください❤️とにかくメンバーとギュったんに会えるのが楽しみで仕方ありません❗️早くカムバやスパショ8で揃った姿でのパフォーマンスが見たいです❤️


【llliiiiさんへ】
ヘウンもキュヒョクも楽しんでいただけてるそうでうれしいです😊キュヒョクが推しなんですね❗️やっぱりこれまでいろいろ書いてきた夏みかんの感触だとウネ(ヘウン)は別格で、あとキュへ、ウォンキュあたりは皆さんの反応がいいですよね。夏みかんは勝手に心の中でキュヒョク向上委員会を立ち上げてますのでキュヒョクの認知度を上げるために今後も書き続けます(笑)ぜひ応援してくださいね☺️







~これからパスワード申請をされる方へ~


必ず「限定公開のパスワードについて」のページをお読みいただき、そのページのコメント欄にて申請コメントを投稿してください。他のページのコメント欄からの申請は受け付けません。

「限定公開のパスワードについて」はこちらからどうぞ。




画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア