FC2ブログ

記事一覧

【BLコミック】起きて、光陽「ROMEO 3」わたなべあじあ

「ROMEO 3」 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ) わたなべあじあ




〈あらすじ〉
眠り姫だね、キスで目が覚めるんだ。 ようやく結ばれるジェイドと光陽。傷を負った光陽は、深い眠りに入る。 光陽の真意を知り、ジェイドは光陽への想いを認める。 眠る光陽は妊娠している。長い長い夢を見ながら。 大きな環の中で惑う、性的強種・ライカン同士の愛の行方は? 起きて光陽、多層化する第3巻!





オススメ度:★★★★




待望の3巻なんですが、ほぼ1冊まるまる光陽が眠っている間の夢のお話です。

夢と言っても過去の夢ですね。光陽が生まれてから発情期も来ないくらいの子供時代。

日照って光陽のお母さんだったんだ❗️日照から生まれた光陽、ちっちゃくてかわいすぎ❤️

日照に光陽を託されたアウロラと光陽の物語です。

そして2巻で妊娠が発覚した光陽ですが、ジェイドとのお話は1㎜も進みません…。うん、残念…。








前回、肉体に深刻なダメージを受け、モールスカの中で眠りから覚めない光陽…。

過去の夢を見ています。


女性化した日照が抱いている赤ちゃん。生まれたばかりの光陽です。

そして側にはアウロラ。アウロラはすでに制限処置を受けたライカン。制限処置を受けると発情期もなくなります。

少し大きくなった光陽を、日照はアウロラへ預けます。

甘えんぼで小さくてかわいい光陽❤️愛らしすぎます❤️

そして光陽はアウロラが大好き。発情期のことはよくわからないけど、アウロラとペア(番)になりたい光陽。

アウロラは光陽を受け入れないのですが、制限処置を受けてるからかと思っていましたが、そういう小さい理由ではないようです。

ラナスターラという希少種のライカンである光陽の使命とは…。

ライカンの進化や世界との繋がり、光陽の運命は壮大になってきました❗️

悲しい経験も光陽にとっては大事なこと。アウロラはキリルに光陽を預け、遠い地へ赴き、そこで未知の生命体に出会い…。

真っ黒なちょっと宇宙人っぽい生命体はあとがきによれば「メドゥーサ」という種族なのだそうで、今後重要な役割を担うそうですが…。

「メドゥーサ」を追ったアウロラは、深い谷の底へ落ちて行き…。残った意識だけを光陽のもとへ飛ばすのでした…。









エロ度:なし


なんせ冒頭から夢なので、光陽は赤ちゃん(笑)

わたなべあじあさんはショタっぽいのも描かれるのでまさか、と思いましたが今回はありませんでした。アウロラとはそういう関係を超えた繋がりなのですね。

前に雑誌で読んだ短編ではアウロラ亡き後、キリルの側にいる光陽ですがセックスする間柄でしたね。しかもちょっと光陽がショタめで…。

光陽はライカンではありますが、ラナスターラという希少種なので強いのですが小柄なんです。

なので発情期が来る頃も、平均より幼く見えるのかな~。

個人的にはショタにはあまり興味ないので、早くジェイドとの両片想いを実らせてほしいです。







子供の頃の光陽、かわいすぎます❤️

純粋で無垢で…。

アウロラからはもちろん、周りの大人からも愛されて育ちます。

ただライカンは発情期があるのでただかわいいだけでは今後はすまなくなってくるのですね。特にラナスターラである光陽の「匂い」はすべてのライカンにとっては甘い蜜❤️

この巻の中で光陽はアウロラを「オンリーワン」だと言っています。光陽のオンリーワンはジェイドですよね?最後、意識だけになったアウロラとキスをした光陽が目を覚ますと、目の前にはアウロラではなくジェイドが…。ジェイドはアウロラの生まれ変わりってことでしょうか…?

アウロラの肉体はこの世から去ることになります。体は損傷が激しい状態で、意識だけでも光陽に会いに来てくれたアウロラの愛が深すぎて涙…。

ラナスターラという希少種の光陽の役割は…。これはスケールの大きなストーリーになってきました。あじあさんの世界観、すごすぎ✨

正直、すべてを理解するのは難しいですし、ましてや文字にするのは無理ですが…。

この巻はこの後の展開のためにも欠かせないお話なのは理解できますが、まるまる1冊だったのでさすがにちょっとビックリしました。

でもあじあさんが1番描きたいのってここの部分なのかなーと感じました。

あとがきでチラッと触れられていらっしゃるご自身の幼少期の体験などを通して、こういった世界観を持たれたのかなと…。

そう思うと、今回人間の赤ちゃんで死産してしまう双子ちゃんなんかも、悲しいという感情よりも、生まれてきて楽しいと思ってくれているのがとてもうれしく、愛しく感じる光陽の気持ちに説得力もあります。

光陽も今回は子供時代なので、あのエロボディが見られないのは正直残念ではありますけど。でも作品の世界観と、光陽とアウロラの関係を理解した上で読んだほうが、今後の展開がよりおもしろくなるということはわかります。

そしてあいかわらず絵が美しい✨

光陽が見ている世界、聞こえてる音…そんなものが伝わってくるようでした。

3巻は優しいお話です。

お姫様(ジェイド)のキスで目覚めた光陽…。次巻が待ち遠しいです。光陽が王子様らしいですよ。逆だと思ってましたけど、それはどちらでもいいというのがあじあさんの認識だそうです。

今後、光陽は双子ちゃんを産むのはわかっていますが、産んだ後って日照みたいに体が女性化するのかな!?

それはあんまり見たくないなぁ…。でも日照は両性体なので女性化したけど、光陽はどうなのでしょう?子宮があるということはやはり両性体?

うーん、光陽は雄っぱいがすごいから、そのまま母乳でないかなー、とどうでもいいことを思いました(笑)

光陽が目を開けたところで終わったので、次巻はさらに期待✨

そして、この1冊購入で描き下ろしペーパーに応募できます❗️





読んでいただいてありがとうございました!また遊びにきてくださいね🌟

画像お借りしました。

ポチッとしてもらえると励みになりますので、よろしくお願いします🎵
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア