FC2ブログ

記事一覧

【SJ】キュヘ♪「弾けるソーダ③」

こんにちは、夏みかんです。


いよいよ本日よりウネコン東京公演❗❗

行かれる方、お天気が微妙ですが気をつけて行ってきてくださいね~🎵

とりあえず明日のために夏みかんは仕事に行きます(笑)

昨日のウネちゃんはテミンとトンコンに現れたんですね🎵仲良しだなぁ❤

それと神戸公演でのゲーム対決も公開になりましたよ❗

相変わらずわちゃわちゃするウネちゃん❤



自分に「頑張ってね」って気合いを入れるヒョクちゃんと、隣でひたすらモグモグするドンへくん(笑)自由だなww








3話目です🎵チョロすぎる先輩のドンへくん(笑)チョロい受けは大好きです❤

今回はちょっとエッチでキュンキュンな青春(を目指してます…)❤みなさんの反響もいいので、最後までキュンキュンしてもらえるよう頑張りまーす🎵応援よろしくお願いします❗



キュヘ
「弾けるソーダ③」




ドンへ:キュヒョンのキスの練習相手になってから、俺はおかしい…。
彼女がいるのにあんなことをしてくるキュヒョンがムカつくのに、部活中なんかは目でこっそり追ってしまう…。
今もコートの中のキュヒョンが気になって…。
あんなに筋肉あったっけ…。肩幅も…。背も俺より…。
キュヒョン「ドンへ先輩!!危ない!」
ドンへ「え?」
ヤバイ、そう思った時には顔面にバスケットボールが直撃していた。
「痛ったぁ…。」
イトゥク「ドンへ、大丈夫か!?なにボーッとしてんだよ。」
ドンへ「すいません…。」
キュヒョン「先輩、大丈夫?あ!鼻血っ!!」
ドンへ「えっ!マジ!?」
なんとかティッシュで抑え、体育館の壁に寄りかかった。
あぁ、かっこ悪ぃ…。
キュヒョン「先輩…。ごめん。俺がカットしたボールが…。」
ドンへ「なに、謝ってんの?ボーッとしてた俺が悪いに決まってんじゃん。」
キュヒョン「でも…嫌なんです。先輩がケガするの…。」
ドンへ「ケガのうちに入らないっての。」
キュヒョン「あ、ここ、擦りむいてる…。やっぱり保健室行きましょう!」
ドンへ「え?いいよ、別に。」
頬を少し擦りむいたらしいけど、たいしたことはない。わざわざ保健室なんて…。
キュヒョン「立たないなら、抱っこして行きますけど。いいんですか?」
ドンへ:なんなんだ、そのよくわかんない脅しは…。
黙っていると、俺の背中と膝裏に手を添えるキュヒョン。
「立つ!立つから、やめろっ!!」
部員の前で後輩にお姫様抱っこされるとか、冗談じゃない!





キュヒョン「失礼しまーす。」
ドンへ「なんだ、保健室の先生いないんじゃん。もう帰ろーぜ。」
キュヒョン「俺がやります。ここ、座ってください。」
ドンへ:キュヒョンとふたりきりとか…。なんか落ち着かねー…。今までずっと一緒にいたのに、今のキュヒョンは俺の知らない男みたいで…。
俺にしたみたいに彼女にキスしたのかな…。
「あ-、彼女とどう?うまくいってんの?」
キュヒョン「普通です。ほら、消毒するから目つぶってください。」
ドンへ:こないだから普通、普通って…。普通ってなんだよ…。言いたくないってこと…?
目をつぶって待っていると、頬に冷たい綿の感触。
「ん…っ…。」
さすがにちょっとしみて、変な声が出てしまった…///
すると、頬ではなく、唇に温かい感触が…。
「んっ!?んん~!?」
目を開けると、キュヒョンにキスされていて…。
「おまっ、何して…!」
キュヒョン「すいません、先輩が目つぶるから…。」
ドンへ「おまえがつぶれって言ったんだろ!油断も隙もねぇな!そういうのはさ…、彼女にしろよ…。」
キュヒョン「条件反射ってやつですかね…つい…。」
ドンへ「つい、じゃねーよ!」







イトゥク「お、ドンへ。大丈夫か?見せてみ?」
ドンへ「イトゥク先輩…。すいませんでした。大丈夫です。」
俺の顎を持ち上げて、頬の傷を確認する先輩。イトゥクは部長で、面倒見がいい。
1年の頃から何かと世話になっている、俺の大好きな尊敬する先輩だ。
イトゥク「舐めときゃ治るな。俺が舐めてやる~!」
ドンへ「ぎゃー!いいっす、間に合ってます!」
半ば嫌がらせで頬を舐めようとするイトゥクに、両手で抵抗した。もちろん本気ではない。
いつもこんな感じでじゃれて、俺を笑わせてくれる部長が大好きだ…。
キュヒョン「部長。そこ消毒したんで、触らないでもらえますか。」
ドンへ「キュ、キュヒョン…。」
ぐい、と俺の肘を掴んでイトゥクから離すキュヒョン…。空気読めなすぎだろ、コイツ…。
「いや、あのさ…。ふざけてただけだから…。」
イトゥク「あはは、珍しいな-。キュヒョンが話しかけてくるの。ドンへはバスケ部のマスコットだからなぁ。キュヒョンも懐いてんだ?」
ドンへ「マスコットって、何ですか…。」
キュヒョン「ドンへ先輩。送っていきます。部長、早退していいでしょうか?」
イトゥク「うん、いいよ。よろしくな。」






ドンへ「おまえなー、部長にあの態度はないだろ。イトゥク先輩は優しいから笑ってくれたけど…。」
キュヒョン「これが普通ですから。」
ドンへ「キュヒョンさ、俺には普通にしゃべるのに何で部活だとおとなしいわけ?」
キュヒョン「別に…。理由なんてありませんけど。何しゃべっていいか、わかんないし…。」
ドンへ「俺は?」
キュヒョン「先輩は…しゃべりやすいっていうか…。先輩っぽくないし…。」
ドンへ「なんか最後のとこ引っかかるけど…。おまえ、笑うとかわいいし、おもしろいんだから。今のままじゃ損してるぞ?」
キュヒョン「かわいい…?ぷ…っ…、先輩に言われたくないです…。マスコットらしいじゃないですか。くくく…。」
ドンへ「うるさいっ!…ほら、そうやって笑えばいいんだよ。難しくないだろ?」
俺より背の高い後輩の髪をグシャグシャとかき混ぜた。
なんか、ほっとけないんだよなぁ…コイツ…。



続きます!


久々にトゥギも登場~❤

人付き合いの下手なぎゅったんをほっとけないドンへくん🎵



【マッキーさんへ】
ぎゅったんがエロいですよね❤今回のぎゅったんはムッツリな設定です(笑)お願いされると断れないドンへくん…どうなる!?
BLもハマると恐ろしいので無理せずどうぞ🎵作品の好き嫌いは人によるので、レビューを書いてる方で趣向が似てる方を探すのが1番信用できますよ。夏みかんはエロ重視なので…ww


【rさんへ】
流されちゃうドンへくんへのツッコミ、ありがとうございます(笑)
国際フォーラムはすみません~。友達は家も近所なので、現地までずっと一緒なので…。ちなみにこのブログのことも打ち明けてなくて(笑)またの機会にぜひお願いします❗
 

【ユッキーさんへ】 
キュへはどっちが年上かわからないところがいいんですよね❤ドンへくんは弟たちが大好きですもんね~🎵私はだいたい先にお話を考えてから、それに1番合うカップルを当てはめて書いているつもりです🎵レラヒョクも気に入っていただけてうれしいです❗

【sさんへ】
楽しんでいただけてうれしいです❤鈍感すぎるドンへくん(笑)みなさんのツッコミが聞こえてきそうですww
わぁ❤兄さんのコンサートにも行かれたのですね❗娘さん、喜んだでしょうね~❤次は国際フォーラムですね❗私もようやく初参戦でーす🎵



~新たにパスワード申請される方へ~
カテゴリ【限定公開】のお知らせを必ずご覧ください。【コメントを送る際の注意点】を新たに設けました。(9/3更新)今後はこれに沿ったコメントでないと、パスワードをお教えできない場合があります。ご協力お願い致します。


画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア