FC2ブログ

記事一覧

【SJ】ヘウン♪「ぼくのおひめさま⑭(完)」

こんにちは、夏みかんです。




「SUNRISE」Full ver.が公開~❤

かっこいいですし、自然の中のふたりがめちゃめちゃ綺麗で❤

ここで笑うのドキってする❤


ハートにやられます❤


この赤い光は…どんな世界観…?



8/8発売のアルバムも楽しみです🎵






みなさん、前回は限定公開にお越しくださりありがとうございました🎵そしてとうとう最終回です❗応援ありがとうございました❤



ヘウン
「ぼくのおひめさま⑭」




ドンへ「おー、シウォン~!」
ヒョク「…よぉ。」
シウォン「元気そうだな、2人とも。」
ヒョク:夏休みになった俺たちはなぜかシウォンの家に遊びにきている。
シウォンが近くの海に行こうと誘ってくれたのだ。
俺的にはいろいろ複雑だったけど、シウォンのことは嫌いではないし、俺がシウォンと仲良くするとドンへが喜ぶから…。
あ、今回はチャリではなく、ちゃんと電車で来た。あの時はドンへを迎えに行くのに必死だったけど、今考えるとかなり無謀だと思う…。
駅まで迎えに来てくれたシウォンと、一旦シウォンの家に向かっていると…。
ドンへ「あ、キュヒョン!」
キュヒョン「え…。ドンへ…?」
ドンへ「久しぶりだな~!あ、ヒョク、こいつはキュヒョン。幼なじみなんだ。」
ヒョク「へぇ…。」
キュヒョン「ドンへ…。元気だった?シウォンに会いに…?」
ドンへ「転校した先の友達と海に遊びに来たんだよ。」
キュヒョン「海…?あ、あの…えっと…俺も行っていい!?」
ドンへ「もちろん!ね、いいよね!シウォン、ヒョク!」
ヒョク「あぁ。」
シウォン「…別に、いいけど…。」
ヒョク:あれ?なんか…シウォンの様子がおかしい…?あんまり乗り気じゃないみたいだけど…。





ヒョク「よっしゃー、泳ぐぞ!」
真夏の海!泳ぐしかね-!
ドンへ「ちょ、ヒョク!ダメだって、そんなカッコ!」
ヒョク「え?」
羽織っていたパーカーを脱いだ瞬間、ドンへにまた着せられてしまった。
「いや、脱がないと泳げないし。あ、日焼けの心配してんの?日焼け止め塗れば平気だって。」
ドンへ「違う!ヒョクの綺麗な体をみんなに見せるの嫌だもん!エロすぎて変な男が寄ってくる!」
ヒョク「は…?な、何言ってんの///寄ってこねーよ!」
ドンへの手から逃れてパーカーを脱ごうとするも、すぐに押さえられてしまう。
ドンへ「ダメ~!!」
シウォン「俺のラッシュガード貸してやるから。ドンへ、これならいいだろ。」
ヒョク「シウォン~!サンキュー♪」
ドンへ「しょうがないなぁ。絶対チャラい男にナンパなんてされないでよ?」
ヒョク「されるか!」
ドンへ「俺たち泳いでくるけど、2人は?行く?」
シウォン「俺は焼きたいから。後で。」
キュヒョン「俺も…後ででいいや。」
ドンへ「そう?じゃ、ヒョク行こう~♪」






キュヒョン「なんか…ラブラブだね。あの2人…。」
シウォン「……。」
キュヒョン「やっぱり気まずい?こないだ俺が告白したから…。」
シウォン「わかってるならなんで来たんだよ…。海とか苦手なくせに…。」
1ヶ月ほど前、キュヒョンに告白された。それからキュヒョンのことばかり考えている…。
キュヒョン「そんなの、シウォンといたいからに決まってんだろ…。フラれたけど、諦めるなんて言ってないから。」
シウォン「俺は…無理だから…やめとけ。」
キュヒョン「シウォンがドンへを好きなのは知ってる。でもドンへは…。あの人でしょ?ドンへがずっと好きだった人…。俺…ドンへの代わりでもいいよ?」
シウォン「バカ言うな!俺にとってはお前だって大事な友達なんだ…。ドンへの代わりなんていないし、お前の代わりだっていない…。」
ドンへと久しぶりに会ってわかった。俺はもう、ドンへのことは完全に吹っ切れている…。ドンへとヒョクチェを見ても、胸は痛まなかった。
むしろ、キュヒョンの目を見る度に…。
キュヒョン「シウォン…。シウォンのそういうとこ、好きだよ…。だけど、残酷だね…。」
シウォン「キュヒョン…。」






キュヒョン「俺…泳いでくる…。」
シウォン「あ、うん…。」
キュヒョン「カナヅチだから、溺れるかも!でも、シウォンには関係ないから!」
シウォン「は!?ちょ、ちょっと待て!キュヒョン…!」
慌ててキュヒョンの腕を掴んだ。
キュヒョン「俺のこと、好きじゃないならほっといてよ!友達なんて、なりたくないから…!」
シウォン「ほっとけるわけないだろ!」
そのまま、抱きしめた…。ドンへとは違う髪質…。ドンへとは違う抱き心地…。
なのになぜか、すごく愛おしい…。
キュヒョン「シウォンのバカ!希望がないならやさしくするな…。」
シウォン「バカはお前だ…。そんなに俺のこと好きになるなんて…。」
キュヒョン「シウォン…。」
シウォン「どうして、こんなにお前のことが気になるんだ…。どうして…。」
キュヒョン「シウォン…!好きだよ…。」






ヒョク「あ-、海、最高~!」
ドンへ「ヒョク、あっちのほう人が少ない穴場だから。」
ヒョク:ドンへについて岩場のほうへ行くと、突然ドンへに手を引っ張られ、岩の陰で抱きしめられた。
「ドンへ…。人が…。」
ドンへ「平気だよ。こっち、人来ないもん。」
ヒョク「シウォンたち…待ってんじゃね…?」
ドンへ「うーん、たぶんだけど…。キュヒョンってシウォンのこと好きみたい。だから、2人にさせてあげよう?」
ヒョク「へぇ…。意外とお似合いかもな。」
ドンへ「俺たちほどじゃないけどね。」
ヒョク:ドンへの唇が俺の唇に重なり、お互いに舌を絡め合う。
「ん…っ、んん…っ…!」
ドンへの手が海パンの中にするりと忍びこみ、俺の体はドンへの手で熱く火照っていく…。
「ドンへ…。好きだ…。ずっと…。」
ドンへ「俺も…。ヒョク…大好き…。」
ヒョク:俺たちが出会ったのも、男同士なのも、また再会して愛しあうことができたのも…全部運命だと思う…。
だけど、きっと運命って言葉だけじゃ乗り切れないこともあるだろう…。
だからこれからはドンへがずっと俺を好きでいてくれるよう努力するから…。
他の誰にも目が行かないくらい、一生俺に惚れてろよ…?
たくましくて、泣き虫で、俺を守ってくれるお姫様…。
俺たちが出会った11年前のあの日の気持ちのまま、ずっと一緒にいよう…。
愛してる…。





14話までお付き合いくださり、ありがとうございました🎵

シウォンさんも新しい恋を見つけてほしいなーとウォンキュにしてみました❤

爽やかになるようにがんばったのですが…。青春が遠い昔でなかなか思い出せませんでした(笑)



さて、次回からはウォンキュの予定です❗よろしくお願いしまーす❤



【マッキーさんへ】
ヒョクちゃんのベッドのアップはドキドキしますよね~❤ヒョクちゃんエロすぎましたかね(笑)どうしても爽やかなエロが書けない夏みかんです…。
レラヒョク了解です❗❗個人的にかなり推してるカップルですが、世間的にはイマイチかな…と思ったのですがリクエストいただきうれしいです🎵


画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア