FC2ブログ

記事一覧

【SJ】キュヘ♪「Promise You…④」

こんにちは、夏みかんです。



いつも最初に雑談を書くのですが…今週、忙しくて…。ウネちゃんも来日中でいろいろ書きたいのですが…。今回はお話だけお送りします❗すみません❗

キュヘ、楽しんでください❤



キュヘ
「Promise You…④」




キュヒョン:3年前に亡くなったドンへの弟同然だったヒョンジュン…。
ヒョンジュンの想いを受け入れられなかった自分を責めて、今も誰かを愛することができないドンへをいじらしいと思った。
俺でできるなら…ドンへをヒョンジュンから解放してやりたい。
俺がヒョンジュンと似てるのも、何かの運命かもしれない…。
そのためにも、ヒョンジュンの残した10個の想いを遂げてやることにした。ドンへのために…。
「で?1つめの項目は、何ですか?」
ドンへ「えっとね、『買い物デート』!」
キュヒョン「は?そんなこと、したかったんですか、ヒョンジュンは…。」
ドンへ「その手紙を書いたの、ヒョンジュンが中3の時みたいだから…。買い物とか、かわいいだろ?」
キュヒョン:正直、もっと恋人っぽい内容かと思っていたから安心した。
これなら10項目も余裕かも。
「わかりました。これから授業なんで、終わったら行きますか?」
ドンへ「うん。じゃあ、待ち合わせしよ。」
キュヒョン:ドンへとデート…。買い物はあんまり好きじゃないけど、ドンへとならまぁ、いいかな…とか思ったり…。
ドンへ「キュヒョン…。ありがとなっ!!」
キュヒョン:突然勢いよく抱きつかれて、固まってしまう…。ドンへってば、エプロンはしたままだけどその下は下着だし…///
どうしよう…ドンへの背中に手を回すべき…?でも、変に思われるかも…。いや、ここはぎゅっと受け止めるべきだろ!
意を決して抱き締めようとした瞬間…。
ドンへ「あー、キュヒョンといると何か眠くなるなー。二度寝してい?」
キュヒョン:何事もなかったようにベッドに戻るドンへ。
ちょ…、この手の行き場は…!?自由すぎんだろ!
「後輩の家で二度寝とか…。はぁ…。もう好きにしてください…。鍵、置いとくんで後で返してくださいよ?」






キュヒョン:授業が終わって、ドンへとの待ち合わせ場所の駅に向かうと、信号の向こうにドンへの姿を見つけた。
でも、誰かと話しているようだ。友達…?知り合いかな?
近づいていくと…。
「ねぇ、1人なんでしょ?おごってあげるから飲みにいこーよ♪」
ドンへ「え…。おごってくれんの?どうしようかなぁ。後輩と約束してるんだけど。そいつも一緒でもいい?」
「いいじゃん、後輩はほっといて俺と遊ぼーよ♡」
キュヒョン:なにやってんだよ…!ナンパされてんじゃん!
俺は慌ててドンへのところまで走った。
「先輩…。何してんの。ほら、行くよ。」
ドンへの手を握って、男から逃げるように遠ざかる。
ドンへ「キュヒョン?なんで怒ってんだよ。遅れたの、お前のくせに…。」
キュヒョン「1分しか遅れてないですよ!だいたい、ナンパに着いてっちゃダメでしょ!」
ドンへ「ナンパ?誰が…?」
キュヒョン「は…?」
わかった…。この人は自分の外見が良いことを全然わかっていないんだ…。だから警戒心もない。
「とにかく!知らない人に着いてっちゃダメって、小学校で習ったでしょ。まったく、手がかかる人ですね…。」
ドンへ「子供扱いすんなっ!俺のほうが年上なんだぞ?」
キュヒョン「はいはい。」






ドンへ「あ…あのさ、俺たち2項目めもクリアしちゃったみたい。」
キュヒョン「え?」
ドンへ「2つ目は、『手をつなぐ』だったんだけど…。」
キュヒョン「手…?」
ナンパ男からドンへを連れ去る時に、無意識に手をつないでいたらしい。
「わぁ、すいませんっ///」
慌てて握っていた手を離した。
ドンへ「なんで謝るんだよ?せっかくだから、つなご?デートっぽいだろ。」
キュヒョン:男同士だけど、手をつないでもいいのかな…。ドンへは俺と手をつないでも恥ずかしくないのだろうか…。
ドンへの差し出した手を、迷ったあげくもう一度握った。
ドンへ「エヘヘ…。キュヒョン、どこ行きたい?」
キュヒョン「うーん、あんまり買い物しないんで…。」
ドンへ「じゃあ、カメラ屋に行ってもいい?」
キュヒョン「あ、そういえば俺たち写真サークル部員なんですよね。先輩、カメラ好きなの?」
ドンへ「うん。楽しいよ。」
キュヒョン:カメラに興味はなかったけど、ドンへの好きなものを見てみたいと素直に思った。





ドンへ「これ、このカメラ、すっごいカッコいいだろ!?欲しいんだけど、高くてさ~。」
キュヒョン「ん~まぁ、カッコいい…かな…。」
正直、他のカメラとの違いがわからない。
でもキラキラした目でカメラを見つめるドンへはかわいいと思う。
ドンへ「あ、キュヒョン…つまんない?」
キュヒョン:つないだままの手をぎゅっと握ってくるドンへ…。
上目遣いでそんなこと言われたら…。
「楽しいですよ。先輩の顔がおもしろいから。」
ドンへ「は!?おまえ、ホント生意気~!」
キュヒョン「あはは!すいませんね!」
ドンへ「あ…。」
キュヒョン「ん?なんですか?」
ドンへ「おまえが声出して笑ったの初めて見たからさ。かわいいからもっと笑えばいいのに。」
キュヒョン「かわ…///」
そんなこと言われたこともなかった。それに、言われてみれば普段からそんなに爆笑することもあまりないかも…。
「先輩といると笑っちゃうんですよ…。」
楽しくて…。




続きます!


健全なデート❤相変わらず自由なドンへ先輩🎵



【rさんへ】
だいたい合ってますよ~(笑)先が読めてもお楽しみくださいwwこんな先輩いたらめんどくさいですが、ドンへくんならやっぱり世話焼いちゃいますよね❤


【sさんへ】
暑苦しい!?全然大丈夫ですよ~(笑)無理のない範囲でコメントお待ちしてます❤
白シャツ、大好物なんですよ~❤ウネちゃんで白シャツ、しかもベッドの上って…❤smartさんナイス❗❗


【はっちょさんへ】
さみしいですよね~。毎週楽しみにしてたので…。最後のイチャイチャ、もっと見たかった❗スタンプやら本やらDVDやら発売決定で、すごいですね🎵続編、絶対作ってほしい❗❗



画像お借りしました。

ランキング参加中です🌟
ポチっと応援よろしくお願い致します❤
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ SUPER JUNIORへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪夏みかん♪

Author:♪夏みかん♪
夏みかんと申します。
ただただSUPER JUNIORとBL、そして韓ドラが好きです。
SUPER JUNIOR小説では18禁ありですのでそちらはパスワードを入力する限定公開とさせていただいています。

カテゴリ

筋 (5)
m:m (1)

フリーエリア

フリーエリア